オーストラリアでAiraloのeSIMを使たらめっちゃ便利だった。

オーストラリア旅行をeSIM で快適に! 雑記
本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。基本的に筆者が実際に使用している商品・類似品を掲載しています。

車ネタをメインに書いているブログですが、去年の年末にオーストラリアに行った時に使ったeSIMが便利だったので紹介します。

eSIMとはSIMカードの電子版です。

eSIMを使用すれば、自分のケータイをそのまま海外でも使用することが出来ます。
ポケットWi-Fiと違い、ルーターなどを余分に持つ必要もないのでオススメです。

割引コードも紹介しているので、契約する場合は是非ご利用ください。

スポンサーリンク

eSIM との出会い

オーストラリア・シドニーへの旅行が決まり、通信回線の確保問題に直面しました。

コロナ前までの海外旅行では一切のネットワークを遮断した状態で旅行をしていましたが、今回のオーストラリア旅行で初めてインターネットを使えるようにしようと考えました。

最初はポケットWi-Fiの契約を考えていたのですが、いろいろ検索していたところeSIMの存在を知りました。

筆者
筆者

ポケットWi-Fiは荷物になるので少し抵抗がありました。

しかし、eSIMであれば荷物が増えることもなく、空港で契約や返却を行う余計な時間も必要ないことを知りました。

Airalo

オーストラリアで使えるeSIMを検索していたところAiraloというトラベラー向けのeSIMサイトを発見しました。
オーストラリアだけでなく、世界中でeSIM サービスを展開しているようです。

注意点は電話やSMSは利用不可ですが、データ通信のみの使用を予定していたので問題はありませんでした。


こちらからアプリのダウンロードも可能です。

AppStoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう

電話やSMSは使用不可です。LINE電話などのデータ通信は可能です。

また、トラベラー向けであることから1GBや2GBなどの少ない通信量から契約することが出来るため、契約費用も抑えることができます。

金額はこのようになっています。1GB当たり1番お得なのは10GBの契約になります。

容量有効日数金額(US$)
1GB74.5
2GB158
3GB309
5GB3012.5
10GB3020
20GB3040

3GB以上の契約は有効期間が30日です。

筆者
筆者

動画や写真のアップロードも考えると1日1GB使用と想定して10GBの契約をしました。

購入後、使用する際にはQRコードを読み込むだけで開通します。

日本出国前に設定を済ましておくことで、海外に到着してすぐにインターネット接続が可能になります。

また、使用後は有効期限が切れると自動的に使用停止し、プリペイド型の為解約の必要もありません。

3月限定の割引コード

Airaloの3月限定割引コードが発行されているので紹介します。

初めてご利用の方限定15%OFFクーポンコード:MAR15
2回目以降ご利用の方向け10%OFFクーポンコード:MAR10

3月31日までの購入で割引が適用されます。

実際に使ってみて

Airalo で繋がる回線はオーストラリア大手キャリアのOPTUSだったので、シドニー滞在中に通信が切れることはありませんでした。

筆者
筆者

ブルーマウンテンズでも通信できました。

シドニーに行った去年の年末はまだコロナが開け始めた頃だったので最新の観光情報の収集が現地でできたのは非常によかったです。
開館時間や臨時閉鎖など観光雑誌とのアンマッチが多かったです。

写真や動画をリアルタイムでアップロードする事ももちろん可能ででした。

また、シドニー近郊の交通機関で使用する「OPAL」の残高確認やチャージなどが移動中でも行えます。
今までのインターネットレスでの旅行と大きく違ったのは路線バス利用でした。

路線バスを克服

eSIM の話からは脱線しますが、旅行中にインターネットが使える事で難易度が高かった路線バスのハードルがグンと下がりました。

シドニーの路線バスは京都並みに入り組んでおり、ガイドブックだけでは全く太刀打ちできなかったのですが、Google mapを使用する事で比較的簡単に目的の路線バスを検索することができました。

その方法は、バスの逆引きです。(筆者が勝手にそう呼んでいる技)

地図の左サーキュラキーから、右の赤ピン ボンダイビーチまで行く場合

①Google mapで目的地周辺のバス停マークをタップします。この時、車線は現在地から見て進行方向側を選びます。

現在地をサーキュラキー。目的地をボンダイビーチとして検索してみます。先ずはボンダイビーチのバス停を選びます。

②そのバス停に止まるバスの路線番号が時刻表の上に表示されます。

333、380、362が表示されています。

ボンダイビーチのバス停の380番バスはボンディジャンクションから伸びています。

③表示された時刻表のどれか一つをタップします。

④Google map上に水色の線で走行経路が表示されます。

この場合、380番バスはボンディジャンクションから出ているため、サーキュラキーからボンダイビーチへはどこかで乗り換えが必要になります。

333番のバスはサーキュラキーから伸びっています。

⑤いくつか路線番号が存在しているバス停の場合、それぞれを確認みましょう。

333番の路線バスはこのようになります。

この番号のバスであればサーキュラキーからボンダイビーチまで一本で行くことができます。

サーキュラキーのバス停で333番を見て時刻表を確認します。

⑥最後に現在地のバス停をタップして、同じ路線番号の時刻表を見ることで目的地へ向かうことができます。

現在地であるサーキュラキーのバス停で同じ333番のバスの時刻表を確認します。

⑦逆引きした結果どのバスも現在地まで走行経路が伸びていない場合は、現在地のバス停をタップして現在地から出ているバスの経路を検索し、先ほどの目的地バスと交わる経路があればそこで乗り換えを行えば良いということがわかります。

タウンホール周辺などはバス停が大量にある為、交差点を挟んで反対側やブロックを曲がった先など幾つかのバス停で検索すると良い乗り継ぎができるバスが見つかると思います。

筆者
筆者

路線バスを多用することができ非常に効率よく観光することができました。

まとめ

オーストラリア、シドニー旅行で使用したのAiraloのeSIMについての紹介でした。

筆者
筆者

旅行中にも自分のケータイでインターネット接続ができるのは非常に良かったです。

すごくオススメなのでこれから海外旅行を考えている方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました