タイ旅行でAiraloのeSIMを使たらめっちゃ便利だった。

タイ旅行をeSIM で快適に! 雑記
タイ旅行をeSIM で快適に!
本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。基本的に筆者が実際に使用している商品・類似品を掲載しています。

車ネタをメインに書いているブログですが、秋にタイ旅行へ行った時に使ったeSIMが便利だったので紹介します。
ホームステイや短期留学でも使えるのでオススメです!

eSIMとは電子版のSIMカードです。

eSIMを使用すれば、自分のケータイをそのまま海外でも使用することが出来ます。
また、ポケットWi-Fiと違い、ルーターなどを余分に持つ必要もないのでオススメです。

割引コードも紹介しているので、契約する場合は是非ご利用ください。

スポンサーリンク

便利だったeSIMを再び

オーストラリア旅行、ヨーロッパ旅行へ行った際に使った『Airalo』のeSIMが非常に便利だったので、今回のタイ旅行でも使ってみました。

タイでは首都バンコクしないをメインに、遺跡観光スポットのアユタヤにも行きました。

筆者
筆者

50GBプラン (US$9.90)で基本的には十分です。

タイは契約プランが2種類のみです。

「10日間で50GBプラン」と「15日間で無制限プラン」の2種類のみが用意されています。
タイでは通話もプランに含まれており、それぞれ100分もしくは無制限の通話が付いてきます。

6月限定の割引コード

Airaloの6月限定割引コードが発行されているので紹介します。

初めてご利用の方限定10$以上で15%OFFクーポンコード: AIRALOJUNE15
2回目以降ご利用の方向け10%OFFクーポンコード:AIRALOJUNE10

6月30日までの購入で割引が適用されます。


こちらからアプリのダウンロードも可能です。

AppStoreからダウンロードGoogle Play で手に入れよう

タイの料金プラン

タイの料金プランは他国のプランと比べ圧倒的に安いのが魅力です。

また、バンコクから電車で2時間ほどのアユタヤ遺跡群にも行きましたが、道中含め全く問題なく通信ができました。

筆者
筆者

電車の地下駅でも繋がりました。

また、電話通話も試みてみましたが、問題なく通話できました。

旅行期間中にタイのお祭り「ロイクラトン祭り」の日、灯篭流しのスポット(ICONSIAM)付近では電波が入らなくなってしまいました。

これは日本でも一か所に人が密集する際に起きるので、そういった場所に行くときには通信ができなくなることも考慮して行動しておきましょう。

以上、これからタイ旅行を考えている方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました