パルス充電機を買ってみた

MINI
本記事ではアフィリエイト広告を利用しています。基本的に筆者が実際に使用している商品・類似品を掲載しています。

冬場になるとバッテリーが弱くなるため、一日の最初のエンジンのかかりが少し悪くなります。

家庭用コンセントからバッテリーに充電する機械を購入。
バッテリーの劣化を(回復)防止するパルス充電機能が付いていたのでやってみました。

スポンサーリンク

自動バッテリー充電器

コンパクトバッテリーチャージャーです。

接続

まずはコンセントには繋げずに機械とバッテリーを繋ぎます。

黒いワニ口をマイナス端子。
赤いワニ口をプラス端子に繋げます。

機械が自動で12Vか24Vかを判断し、

  • バッテリー電圧
  • バッテリー充電量
  • 外気温(機械温度)

以上が表示されます。 電圧と気温は交互に表示されます。

ミニのバッテリーは40%充電で11.9Vのようです。

パルス充電

それでは早速パルス充電をしてみたいと思います。

青色のボタンを押すとモードが切り替わるので、修復モードにします。

動作中は表示が「PUL」になり8時間パルス充電を行います。その後2時間はフロート充電を行い、満充電状態をキープします。最後に自動的に動作を終了します。

パルス充電を行う前は11.9Vでしたが、12.9Vまで上がるようになりました。

充電も100%です。

通常、急速充電

急速充電モード(満充電状態)
AGMモード(最初5分パルス充電中)

修復モード以外は通常の充電モードです。

それぞれ若干の違いがあり、

  • 車両充電モード(12V,10A)
    急速充電です。
  • AGMモード(12V,8A)
    充電開始後5分間はパルス充電を行う急速充電モードです。
  • STDモード(12V,5A)
    通常充電です。
  • モーターバイクモード(12V,3A)
    充電開始後5分間はパルス充電を行う通常充電モードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました